emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

2005-02-15から1日間の記事一覧

INDIFFERENE

放蕩息子のもの語りが、愛されることを望まない者についてのはなしではない、と言っても、私は容易に承知しないであろう。かれが子供だった時、かれの家ではすべてのものはかれを愛していた。かれは成長した。かれは他のことを知らず、子どもである間は、か…