emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

2006-06-12から1日間の記事一覧

与えられたもの

〜新しさと記憶について〜 分化 雨が強かったのか。風が烈しかったのか。草花のぐったりと萎えた静かな朝だった。その回りには未だに妙に生気が漂っている。吐息が聞こえるようだった。植物には息づかいというものがあるに違いない。雨風の勢いというよりも…