emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きる人はいない”

2012-10-25から1日間の記事一覧

思い出ということ

読むという行為は、受容と傾聴と共感という<聞く>という行為に尽きる。ケアの場合において特にそうだ。 ところで、昔話や<思い出>という言葉が若い頃わたしは好きでなかった。わたしがセンチメンタルだったから。つまり反対にわたしが強がっていたからだ…