emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

二歩

ツールド秋川+坐禅

坐禅会(接心)から昨日帰って来た。現地はバスの便も少ないとこだから、それなら当初から予定を「ツールド秋川+坐禅」にしようとボクは思って、わがクロスバイクで北秋川の山間を風になったという按排。家からは現地・神冥窟まで40km弱。檜原あたりからは…

「坐」にいってきます

リーゼンフーバー師の秋の接心が11/1から11/5まで秋川で行われている。フルでいきたいが一日だけ時間がとれたので坐ってきます。ただ坐る・・・だけ。息を吐いて 吸って 吐いて・・・それだけ。それでは・・・。

このへんのこと6

朝早く雨の中、玉川上水から遠出のジョグ。あたりの深い霧が森をすつぽりと。もう郭公の声は聴かなくなつた。やはり六月だけだ。そろそろクヌギやコナラの枝が落ちるハイイロチョッキリの季節だ。

おさかなになる日

夜遅きプールの底の水やさし 六月夜飛び魚らが我を解く 水負うたスイマーの息弾む夜 微笑する夜のプールの魚たち仕事帰りの途中に偶に思い出したようにどこかのプールでさかなになる。ふと思い出したようでなければならないさりげなく。ゆっくり長く。さらに…

あさはいい

あいのあ さんぽのさ あさ あさはいい はじめのあ いろはのい あい そのはじめっからやりなおし のぼるあさひ きわをせにのぼりくる みんなのうえに のぼりくる あさのひかりがふりそそぐ やまちゃんのうえに なるちゃんのうえに けんちゃんのうえに みんな…

笑った

ネットの広告が延びているが、そのなかで東京ガス「ピピッとコンロ」信長編のCMの織田信長に扮するピエール滝は何度見ても笑える。「いいな未来は・・・」てのが何とも。未来への軽い願望がボクの奧にある気むずかしさをくすぐる。「利休呼んでもいい」と…

哲学者占いごっこ

「哲学者占い」てのを、はるるさんちで知って、karposさんちもやってるから、Emmausもやってみた。 そしたら、こんな結果でた。ん?。ふぅ〜ん。デカルトさんとはお友達になりたいけども・・・。で適職が「スポーツ選手」。ほぉやったって感じ(^_^)。 あなた…

「書」をするということ

何より楽しい 筆をもつことって楽しい。 墨を擦って筆に墨を含ませ、 はじめの打ち込む瞬間の起点。何にもない白に筆をスッと鑿のように落とすのが心地よい。やり直しはきかない。 そして何れかの方向の縦横に進み、流れに任せて力を抜き走り送る。 次ぎの画…

見慣れない場所の物語

なおやさんの見慣れない場所の物語 - naoyaのはてなダイアリー。見慣れない場所の「こっち」と「あっち」がおもしろい。 ・・・あちら側には本当のことを知っている人たちが集まりました。こうしてこちら側には本当のことはなくなりました。でも、こちら側に…

ごまだれシナモン

息抜きにTropyやってみる おもしろい そしたらHaropyも増殖した 能書きはいらないね ボクもEditしてみた Randomしたらまたキミに逢えるかもしれない じゃね しーゆー http://haropy.bloghackers.net/entry/38583013f6fe93275de7fedcff6f30bc

アポリアの進化

今年2005年5月21日に亡くなった哲学者ポール・リクール。今夕、衛星中継で日本とフランスを結ぶライブ・パネル・ディスカッションに行ってきた。 場所:飯田橋 日仏学院 タイトル:「ポール・リクールへのオマージュ」。 パネラー: François Dosse (フラン…

 泥

最後に土をいじったのは何時のころだったか。京橋にいったついでに寄ってみたINAXギャラリーだった。 泥がつくり出すものの建物だ。日本最古の道、奈良・山の辺の細い道。土があった心地良いの光景だった。 泥小屋探訪展 ■泥小屋探訪 展 - 奈良・山の辺の道 …

ハイイロチョッキリ

枝切りのハイイロチョッキリ夏となる ハイイロチョッキリ?これご存じかな? まあこれがスゴイ。 クヌギやコナラにハイイロチョッキリが産卵後切り落として、ドングリ付き枝でどんどん伐り落としていく。これがこのへん(玉川上水)の夏の風物詩。これがくれ…

このへんのこと1

玉川上水 梅雨を前に今日はいい天気。玉川上水緑道の散歩。少し足をのばして野火止用水の分岐点の小川のとこまで来た。ここで上流での水がまた下水処理されるワケ。拝島から取水大堰から約20キロ。まぁ実際は今の玉川上水は人工の処理水なんだけどもね。ガ…