emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きる人はいない”

 因果と原因

+ C amp 4 +のブログを読んだ。
なかなかいい。騙された国民に関して、swan_slabさんに清々しい正鵠を得る。
更に、http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/itami_mansaku.htmlは戦後直後における国民の意識の本音を語っている。こちらも含蓄があって目が覚めるようだ。
自分はイノセントたりうるか。そもそもイノセントということが成立するのか??短絡的な因果帰属によって心理的に原因帰属処分ということは、結局は寝ぼけた自己欺瞞ダブルスタンダードなどというものが通用するはずもないということだ。大人の振る舞いをしているようで、それは自らの現実の隠蔽にしか過ぎない。では何れのツケは誰が払うのか?オノレ一人の問題ならそれでいい。でもそうではない。その時、人のケツまで本気で綺麗に拭く気があるのか。だから、swan_slabさんが言うように二次的な観察によって自覚することが肝要となる。