emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

おさかなになる日

夜遅きプールの底の水やさし
六月夜飛び魚らが我を解く
水負うたスイマーの息弾む夜
微笑する夜のプールの魚たち

仕事帰りの途中に偶に思い出したようにどこかのプールでさかなになる。ふと思い出したようでなければならないさりげなく。ゆっくり長く。さらに。水を経る。解くのか解かれるのか何にも考えないでただサカナになる。なれるはずもないがそう思っている。

南に行きたくなった。南の島がコイシクなってきた。キミは北志向それとも南?

泳ぎ終わって汗が出るのにまかせ又地下鉄に乗る。体がホカホカ。徐々に力が湧いてくる。よしと電車を降りる。適度な体の疲れは心地よい。雨が降っている。雨も水。それがおもしろい。雨が降ってりゃぬれればいい。ぬれた体は拭えばいい。何も気に病むこともない。風邪引かぬようになせばいい。好い夜だった。