emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きる人はいない”

色を抜き取るともっと光が見えてきた


多摩川から分岐した、とある用水の傍。クルクルと光が廻っている。
これだなと思った。光。色を抜き取るともっと光が見えてきたぞ。モノクロームの光。これだ。

繰上和美、田原桂一石内都・・・
杉本博司、古屋誠一、荒木経惟・・・
あるいは、劇団「天井桟敷」の専属だった須田一政・・・
これらの写真家が問いの中で疑うことなく絶妙に探し求めた光。佳い感じだ。好きな感じだ。