emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

亡羊記・トレイル・ラン

妹が逝ってしまって五日目の夕。
夜勤明け、わたしは
川沿いの18キロのトレイル・ランに出た。
きーんと張りつめた
こがね色の大空を、
聴いている。きいている。
そのわたくしの裡に
<大きな森の夜の背後>が聞こえた。

鹿は 森のはずれの

夕日の中にじっと立っていた

彼は知っていた

小さな額が狙われているのを

けれども 彼に

どうすることが出来ただろう

彼はすんなり立って

村の方を見ていた

生きる時間が黄金のように光る

彼の棲家である

大きな森の夜を背景にして

〜村野四郎「亡羊記」〜

http://f.hatena.ne.jp/t/jog081203