emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

早川さんを偲んで(ブログは今も健在なり)

IMG_9635
撮影:id:omoonさん


内田樹: 人間の価値は何を成し遂げたかではなく、何を贈ったかに ...

「人間の価値は何を成し遂げたかではなく、何を贈ったかによって考量されるということが改めて身にしみるジョブス君の通夜の夜です。」 https://twitter.com/levinassien/status/121954996320346112

早川さん、これこそはあなたにぴったりの言葉ではないでしょうか。実に多くの人があなたから贈り物をもらって、あなたのことを偲んでいます。大村さんのブログ( きょうのあさごはん - A Small, Good Thing - diary )を読んであなたの写真を見て感謝で胸がいっぱいです。

記憶はつねに現在形で、それは「息をすること」に近いものだし、われわれはいつもそれを整えるようと生きています。だったら息をすることは、過去を振り向くだけでなく今のこの自分がこの「場」にいることと、他者との「場」に関わること。共有などという言葉を超えて最も重要なことのいくばくかを理解しより良く教えてくれます。

そんな訳で中山さん(id:taknakayama/・hayakarさんへの小さな弔辞 - 横浜逍遙亭)たちを中心に起こした「シュンポシオン」を通して知ったブログの可能性は、ただものではなかったとあらためて目が醒めたのですよ。10ヶ月すっかり放ったらかしのブログに今回のことでボクを立ち戻らせてくれました。ボクは欲張りでほんとにいいかげんで愚か者ですが、繋がっても窮屈になるのでなく、グーッと広がりのあるものでありたい。早川さん、天国から笑って見ていて下さいね。

最後に小野さんの言葉(早川さんのこと - 勇気と想像力、そして少々のお金)に胸がつまります。

食えるときに、僕は食って、まだまだ必死に生きていきます。それは、早川さんの教えです。
合掌。
早川さん、小野です。これ、読んでくれてますか。

早川さん、下川です。どうか安らかに。また会いましょう。祈りをこめて。