emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

京都の漬物屋の大藤の紙でブックカバーをつくった

座右の書というわけではないが、いつも持ち歩いてる本で、その安東次男の「花づとめ」の外装が傷んできた。 これ以上傷まないようにしようと思ってカバーを作ることにした。 京都の漬物屋の大藤の丈夫な紙袋で作った。これがそうだ。かなり傷んでいるがあと10年はもってほしい。ぼくが81歳のころだ。

さて、この本に「孤雁」の章というのがある。

一読心底にとどく句というものは、見た目には何の奇もなく瞭かなもので、心底にとどくということは説明の外にあるから、これは凄い句と言うほかはない。 寒雁のつぶらかな声地におちず 飯田蛇笏

安東次男も酢茎のことを書いているので、大藤のカバーは喜ぶに違いない。