emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

京都の漬物屋の大藤の紙でブックカバーをつくった

座右の書というわけでもないが、バッグに収めていつも持ち歩いてる本に安東次男の「花づとめ」という本がある。

この文庫本の装丁が気に入って、それを覆うのが偲びなく絵が見えるようにと半透明のパラフィン紙を使ってきた。擦れる毎にパラフィン紙を取り替えたが、やはり外装が傷んできた。

既に廃版で、もう一冊古本を購入することした。装丁が見えるのは家用に、持ち歩き用の方はカバーにした。これ以上傷まないようにとしばらく思案したが、ならばいっそうしっかりしたものにと、京都の漬物屋の「大藤」の丈夫な紙袋が最適だと思いつくってみた。でき映えは想像していたよりかった。何でもやってみないと分からない。あと10年はもってほしい。ぼくが81歳までは。

さて、この本のある章に「孤雁」というエッセーがある。

一読心底にとどく句というものは、見た目には何の奇もなく瞭かなもので、心底にとどくということは説明の外にあるから、これは凄い句と言うほかはない。

寒雁のつぶらかな声地におちず 飯田蛇笏

安東次男も酢茎のことを書いているので、この漬物屋の大藤のカバーならばきっと喜ぶに違いない。

白菜ロース

もう二月の終わりになると白菜の旬を過ぎてるが、なんとかまだその盛時の良さを味わえる。 それで、あの吉本隆明家の定番の「白菜ロース鍋」が今晩のメニュー。薬味は玉ねぎの擦り下ろし。鍋に白菜を重ねて、豚のロースを乗せて火が通るまでしばらく待つ。頃合いを見計らって玉ねぎの擦り下で食す。これが決め手。これなしには「白菜ロース鍋」の妙味は半減する。美味いがそれを現す言葉が見当たらない。

ジャン=エフラム・バウゼ

ドビュッシー子供の領分の 「ゴリウォグのケーキウォーク」を最近、頓に良く聴く。

演奏家は引く手数多。

それぞれ持ち味がある。比較は好まぬし選り好みはないが、中でも分けてジャン=エフラム・バウゼの🎹を聴くことが多い。

naxos.jp/work

バウゼのドビュッシーを聴いてると、音にであい時は過ぎゆく、と言い切ってしまうことができる。不必要な雑念が浮かばない。 ついでだが、バウゼのハイドンは好評のようだが、僕は好きになれない。不必要な雑念ばかりが浮かんでしまう。どういうわけなんだろう。