emmaus.hatenablog.jp

“だれ一人自分のためにだけ生きる人はいない”

うれしき瀬・からだのこと

  • まえおき

SNSやFBに「今」気づきたことを手短に書く、それも有効だと思う。しかし、そんな日常にあって絶え間なくどこからとなく僕に発せられた来た通知(notification)。「言葉には、今という『ファースト・ヒストリー』だけではなく『スロー・ストーリー』を見失うな!」というメッセージだった。それは行きつ戻りつの言葉、われわれに大切なものは何かという問いただし。
分かっていた。でも時間に感けてそれ(スロー・ストーリー)を見失っていた。3年と指を折り数えて8ヶ月ぶりのブログ投稿です。過去に戻るのではなく(再開や回帰ではなく)新たな気持ちでブログを始めようと思って、はてなダイヤリーからはてなブログに移行しました。昔の記事は今読むと穴があったら入りたいくらいで消したいくらいですが、でも真っ新な自分などいるわけないから、以前の文章そのままです。自分が急変した訳ではないので今までと同じ雑文駄文です。どうぞよろしくお願いします。

うきにもうれしき瀬はまじりはべりけり とて 源氏・柏木
(つらい思いのなかにも、うれしく思う点がまじっておりました)

3年8ヶ月ぶりのブログ。光陰矢の如し。この12月から2ケ月間休職して治療に専念しています。謂わば自分修復期間。今日で一週間です。

それにしても、からだの諸器官は其々がつながっていて、薬物療法で肝臓の負担が増すと自ずとお酒も控えめになるんですね。まだ二週間くらいでも結果睡眠は質のいいものになって寝起きが良くなりました。快眠。あんなに誰よりも好きだったお酒、それがなくても平気になるとは変われば変わるものです。こんなことをいけしゃあしゃあと言うとは、これは「転び」そのものですね。でも、この前に近くの丘の落ち葉を踏みつつ歩いていたら森の明るさに気づいたのです。そうか、夏鬱蒼としていた森の木々は葉を失ったが、いま森は明るくなって光でいっぱいなんだ。なくなって見えてくるものがたくさんある。健康を失っても次のことが私を満たしていると実感したのです。前に進もうって。

兎も角、一歩足を踏み出すと(かつて歩くこと立つことさえ出来ないこともあったのですが)、足だけではなく次にからだの他の動きが相互に連係し統合される。まさにその一歩一歩、一挙手一投足は、身体の動き全体の肌理・表情そのものです。そこにもうあらたな光が射し込んでいるのでしょう。
この現実の中で無理のないところで自分自身を押し出す。この統合された促しは何?見えないことは未知でしょうがそれは次への手がかり。年老いてもこの時われわれはおのれの可能性を見出そうとします。少しでもそうありたいとこころの健やかさを願う今日この頃です。さまざまなことがあっても、うれしく思うこと楽しいことがまじってきました。

今聞こえてくるフィンランドのピアノ名曲集
ヘイノ・カスキ:夜の海辺にて、オスカル・メリカント:ロマンス、レヴィー・マデトヤ:子守歌
ピアノ:リスト・ラウリアラ
このアルバムのURLhttp://ml.naxos.jp/album/8.551047

    • 成長とは、未知を認めること。(p67走りながら考える・為末大

居るというだけの喜び

冗談のような、思ってもいなかったものが…落ちてきました。

若い時、誰かといるというだけの、ただそれだけの幸せがあるなんて思ってもいませんでした。
実は、最近妻の目が急に悪くなって物が見えにくくなりました。黄斑変性症、糖尿病と加齢による合併症もあるようです。視力はマジックの大きな字なら大丈夫なようです。彼女が長年やってきたパッチワークの仕事も中断。二人の九州旅行も延期になりました。以来3ヶ月が経ちました。お勝手のことなど細々としたことはしぜんに二人で一緒にやるようになりました。手術はまだ先ですが意外と二人元気でいます。

どう言えばいいのでしょう。ありのままに二人で居ることを受け容れ、ぼくらという私たちは固定された位置ではなくつねに変化を許容する状態(関係)だった。ということでした。
約めていえば、他に替えられないあなたと日々暮らすことが、幸せなんだと思えるようになったのです。幸いとは、あるのでなく気づくこと。気づくことだけが幸せだなんてと思う方もいるでしょうが、しかしそうなんです。それが他に替えられないわたしたちの下に落ちてきたのです。あろうことか、すとーんと落ちてきました。はじめはまるでお伽話のようでした。
変わったといえば夫婦喧嘩がなくなりました。昔ははでにやったものです。今では好い思い出になりましたが、またやりたいものです。

64歳になった時のWhen I'm sixty-four.

昔からビートルズは好きではなかった。
でもこの曲はなぜか好きだった。
若いころ、まさかじぶんが64歳になるって考えもしなかった。
今日はぼくの64の誕生日。あらためて聴いてみた。やっぱり好い曲だ。
昼過ぎ、妻と二人で寿司屋でビール乾杯。
あと日本酒を少々。今日だけ!!は晴れて全解禁です。
お目付け役がとなりにいます。ははぁ。。

まだまだ走るから、九州の友だち、京都の友だち、大阪の友だち、広島の友だち、
名古屋の友だち、
伊勢の友だち、水窪の、神奈川、埼玉の、東京、北海道の、
シンガポールの、グァテマラの
ドイツのフランスの、イタリアの
あといろいろの所の友だち、
皆さんこれからもよろしくね!

When I get older, losing my hair
Many years from now
Will you still be sending me a Valentine
Birthday greetings bottle of wine

If I'd beenout till quarter to three
Would you lock the door
Will you still need me, will you still feed me
When I'm sixty-four

You'll be older too
And if you say the word
I could stay with you

I could be handy, mending a fuse
When your lights have gone
You can knit a sweater by the fireside
Sunday mornings go for a ride
Doing the garden, digging the weeds
Who could ask for more
Will you still need me, will you still feed me
When I'm sixty-four

Every summer we can rent a cottage in the Isle of Wight
If it's not too dear
We shall scrimp and save
Grandchildren on your knee
Vera Chuck and Dave

Send me a postcard, drop me a line
Stating point of view
Indicate precisely what you mean to say
Yours sincerely, wasting away

Give me your answer, fill in the form
Mine for evermore
Will you still need me, will you still feed me
When I'm sixty-four<訳>

まだまだ先の話だけど
僕が年とって頭がハゲてきても
ヴァレンタインのプレゼントや
バースデイ・カードやワインを贈ってくれる?

夜中の3時近くまで家に帰らなかったら
閉め出されちゃうのかな
まだ僕を必要としてくれる? 食事もさせてくれるかい
僕が64になっても?

君だって年をとるんだよ
でも あの合言葉を言ってくれたら
ずっと君のそばにいよう

僕は役に立つよ 電気が切れたら
ヒューズを直してあげる
君は暖炉のそばでセーターを編んでるといい
日曜の朝はドライブとしゃれこもう

庭の手入れをしたり 雑草を抜いたり
これ以上は望めないほどさ
まだ僕を必要としてくれる? 食事もさせてくれるかい
僕が64になっても?

毎年夏にはワイト島に小さな別荘を借りるんだ
あんまり高くなければね
二人で倹約してお金を貯めればいいよ
君の膝にはかわいい孫たち
ヴェラにチャックにデイヴだ

絵葉書にひとこと添えて送ってほしい
どう思ってるか知りたいんだ
君の本音をはっきり書くんだよ
“敬具”なんて決まり文句はいらない

用紙に答えを書きこんで
いつまでも僕のものだと言ってくれ
まだ僕を必要としてくれる? 食事もさせてくれるかい
僕が64になっても?

(内田久美子 訳)