Emmausブログ

“だれ一人自分のためにだけ生きている人はいない”

ちょっとした然り気ないプロデュース(青柚子蕪)

五月の新緑とともに早くも青柚子が店に出回り始めた。
柚子胡椒ではなく、春の蕪を使った柚子蕪を作る。季節の彩りを食卓に。

調理と料理の違いってなんだろう?
食材を切り煮たり焼いたりする技が調理で、一方、食の技術を含めた食のプロデュースまでの守備範囲が広いのが料理。

ハードとソフト。戦術と戦略。なんだか物騒な喩えで、おちおち食事も出来ない。やはり、平和に食べたいですね。

春の蕪は冬と違い糖の甘味がないが口当たりがさっぱり。青柚子*1はふくよかな香りはないがキリッと締まったアクセントのある酸味。 そんなこんなの日常、 季節の変化の演出。ちょっとした然り気ないプロデュース。

甘さを抑えた青柚子蕪のつけ汁(蕪10 個分)を公開。

  • 砂糖25g
  • 塩10g
  • 酒150cc
  • 酢150cc
  • 青柚子の絞り汁
  • 細切り昆布
  • 昆布のつけ汁
  • 柚子の皮
  • 赤唐辛子

お題「簡単レシピ」

*1:買った青柚子はid:hunnwariyuki さんが住んでおられる徳島産